FC2ブログ

PC版「Destiny2」がBattle.netで11月18日(太平洋標準時)まで無料に

emotionサイトトップ > PC_Soft_ETC >PC版「Destiny2」がBattle.netで11月18日(太平洋標準時)まで無料に

BungieとActivisionはPC版「Destiny 2」のゲーム本編の完全版をBlizzard Battle.netの全新規プレイヤー向けに無料ギフトとしてプレゼントすることを発表いたしました。11月の最初の2週間、まだゲームを所有していないプレイヤーであれば誰でもBlizzard Battle.net(https://www.blizzard.com/ja-jp/)アカウントを通して本作をギフトとして受け取れます。
2018年11月2日から18日(太平洋標準時)まで、「Destiny 2」を無料で受け取ってダウンロードすることが可能です。2018年11月2日11:00(太平洋夏時間)以降に新たにBattle.netアカウントを作成した場合は、無料のゲームを受け取る前にBlizzard SMS Protectを有効化する必要があります。PC版「Destiny 2」は
Battle.netのギフトページ(https://us.account.blizzard.com/gifts/?blzcmp=blizzard-news)で受け取れます。
また、BungieはPC版「Destiny 2」をすでに所有している方にもプレゼントを用意しています。本作をBattle.netで購入済みのプレイヤーは、リリース1周年を記念した特別なゲーム内エンブレムを限定ギフトとして受け取れます(このエンブレムは12月に利用可能になります)
free_destiny2.png


Destiny2が2018/11/18までなら無料でプレゼントしてくれるみたいです。
まだ持っていない人はタダのうちに入手するチャンスです。

ちなみにDLCは別途購入が必要になります。
基本的にDestinyはDLC商法なので、DLC購入しない場合は1年目のレベル上限20で成長がストップします。
恐らく、Destiny2が初代Destinyに比べて酷評で予想していたより売れなかったので、
無料配布してDestiny2の世界を堪能して貰って、DLCを購入して貰う戦略だと思います。

初代Destinyの時もベータ版やちょっと長めのデモ版での評価が高くて売れましたからね。
それでソフトを購入した人がDLCも購入して行って更に売れましたから・・・
というかDLC購入しないと今までプレイ出来ていたアクティビティがプレイ出来なくなり、今まで一緒にプレイして来たフレンドがDLC購入して新しいレイドをプレイしているのに、DLC購入していないと一緒にプレイ出来なくなる規制が入る。
まるでドラえもんに出てくる骨川スネ夫が「これ3人用ゲームだから」と言ってのび太君をハブるような状況が発生します。
DLC購入していないとシステムから「これDLC購入者向けゲームだから」と言って警告が出てフレンドと一緒にプレイ出来なくなります。
そしてフレンドと一緒にプレイしたくて新しいDLCの購入意欲をそそらせる。

まぁ日本のガチャというボッタクリ商法に比べたら、DestinyのDLCは相対的に安いのですが、DLCがパッケージと同じようなプライスなので絶対価格で言えば高いです。
関連記事

スポンサーリンク
おススメ
■GTX1650


■GT1030 DDR5



UE4とゲーム開発の勉強に最適です。本書とは別にPDFファイルと動画での解説があります。 バンダイナムコ社の方々がゲーム制作現場のノウハウを交えながらの解説されている為読み応えがありますし、内容も非常に分かりやすいです。唯一残念なのは、索引が無い事です。


UE4を全体的に触りだけ紹介されています。ブループリントはレベルブループリントでの解説だけの為、実際のゲーム開発現場での効率性等は一切無視された内容です。 恐らくクラスブループリントの紹介は続編で紹介していると思います。 上記のバンダイナムコ社の方々が作成した書籍の方が内容が何倍も濃く、実践向けの内容です。


動画編集・エフェクト追加に最適なソフトウェア
このCS6は全面クラウド化される前のパッケージなので、月額使用料は発生しません。

Production Premiumに含まれる単体製品
・Photoshop CS6 Extended
・Illustrator CS6
・Flash Professional CS6
・Premiere Pro CS6
・After Effects CS6
・Audition CS6
・SpeedGrade CS6
・Prelude CS6
・Encore CS6
Amazonで何度か商品閲覧していると割引クーポンがメールで送られて来ます



バージョンによって対応するGPUが異なるので
Adobe 必要システム構成で確認した方がいいです。CS6でQuadroではなくGeforceを使用する場合、対応するGPUは限られます(裏ワザで対応していないGPUを認識させる事は出来ますがおススメしません)。大人しくQuadroを購入した方が無難ですw

Quadroの性能比較は
nvidiaのサイトで確認出来ます。
ムービー制作の強力なツール
AfterEffectsの勉強にどうぞ。

タイムラインがキーフレームで埋め尽くされている人はエクスプレッションで作業効率UPしましょう。

無料の高性能3DCGツールのマニュアル。少し古いバーション用マニュアルなので最新版と差異が多少ありますが、基本的な操作は殆ど変わってないので、古いVerのマニュアルでも大丈夫です。
カウンター
リンク
Unreal Engine
UE4_logo.png

無料化したゲームエンジンです。ミドルレンジクラスのGPUが必須ですが、GTX750Tiでも軽快に動作します。
ueHow
Blender
blenderlogo.png

無料の3DCGツールです。他3DCGツールに使い慣れていると初めは操作性に苦戦しませすが、すぐに慣れます。無料でありながら高性能なので個人レベルで使用するならこれで十分です。
80Level
ゲーム制作の役に立つHow toが掲載されています。
THIEF TheGraceProject
title_blog.jpg

Thiefシリーズ日本語攻略サイト
AEP PROJECT
AEP.png

AfterEffectsUsersCommunity。色々と勉強になります。

BakaAfter
BA.png

神の領域に達した人がAdobeAfterEffectsを使うとこうなりますw

Animeの道具箱
datool.png
AfterEffectsのエクスプレッションやスクリプトについて非常に分かり易くまとめられています。

MMD配布サイト
VPVP.jpg

カメラ情報をAfterEffectsへ書き出すスクリプトや、Kinectと連携出来たりして何気に高機能なフリーソフトです。

Steam
steam.png
Valve Corporationが運営しているプラットフォームで、PCゲームをダウンロード購入出来ます。 不定期ながらだいたい四半期毎と10月の米国感謝祭と年末に大幅割引セールが行われるので、セール中に購入するのがおススメ。
カテゴリ
OS (5)
Adobe (8)
Web (5)
CPU (4)
GPU (12)
HDD (12)
GA2 (2)
PS3 (11)
GTA5 (18)
検索フォーム
最新記事
RSSリンクの表示