FC2ブログ

起動しない(BIOS POST画面表示しない)PCのチェック【マザーボード診断PCIカード】

emotionサイトトップ > PC起動しない >起動しない(BIOS POST画面表示しない)PCのチェック【マザーボード診断PCIカード】


Windows10は同じマザーボード交換でもライセンス解除になる罠」の記事で紹介済みですが、
突如PCの電源が落ちて、それからPC起動しなくなりました。POST画面さえも表示されません。

せっかくPCI診断カードを買ったので、使ってみることにしました。
eAMI_EFI_SEQ0.png
写真のPOSTコードは0x19ですが、実際はPOSTコードは0x2Eで止まっていました。

そしてマザーボードを交換しても起動しなかったので、交換したマザーボードでもチェックしてみると
POSTコードは同じ0x2Eで止まりました

・・・マザーボード交換して同じPOSTコードで止まってしまうという事は、
原因はマザーボードじゃない!?

診断カードに附属していたマニュアルが古くて、今使っているマザーボードのBIOSのPOSTコードとは全然違うので、
AMIのサイトからPOSTコード表を入手してチェックしました。

0x2Eは・・・
Memory initialization. Configuring memory
ここで止まっているという事はメモリが怪しい・・・

DDR3のメモリが2本挿してあるので、1本抜いて見ると・・・
変わらず0x2Eで止まりました。

もう一本を抜いて、先程抜いたメモリを挿すと・・・
eAMI_EFI_SEQ0.png

起動しました。
ちなみに0xA3はIDE Enable。
HDDが使える状態まで行ったみたいです。

原因はTeamのメモリでした。
eAMI_EFI_SEQ0.png
Teamのメモリは前も壊れたなぁ・・・
photoshopを使っていたら、画像データの表示がおかしくなって、メモリ診断をしたらTeamの4GBメモリの片方が壊れていた事がありました。
Teamのメモリは2本セットで買っていたのですが、いつも片方が壊れます・・・
永久保証でも、こんなに直ぐ壊れるなら違うメーカーのメモリに変えようかな?

ちなみにBIOS・・・というか今はBIOSじゃなくてEFIになっていたんですね。
ついでにEFIの起動シーケンスでも
eAMI_EFI_SEQ0.png
※PEI(Pre EFI Initialization)
※EFI(Extensible Firmware Interface)
※DXE(Driver Execution Environment)
※BDS(BootDevSelect)


詳細はIntelの開発者向けフォーラム資料を参照して下さい。
PEIフェーズで止まったら、CPUかマザーボードのチップセットかメモリのトラブルです。
DXEフェーズで止まったら、USBポートかHDDかその辺りです。
BDSフェーズで止まったら、OSかboot設定だと思います。

どのフェーズで止まったかはPOSTコードの上位バイトをチェックすると分かります。

ちなみにPC起動した時のPOSTコード表示順を残しておきます。
マザーボードはECSのH67H2-A3で、EFIはAMIのVer2.02です。
EFIのメーカーやVerによって異なると思うので、AMI以外の場合は参考にならないと思います。

あと診断ボードの表示がちょっと遅いので、実際の進捗コードはもっと沢山出力されていると思いますが、
PC起動出来なかった時に、最後に止まったPOSTコードを確認して、どのフェーズで止まったかが分かれば、PC起動できない原因を突き止められると思います。

順番 POSTコード フェーズ TYPE 詳細
1 0x19 PEI(メモリ検出前) 進捗 Pre-memory South Bridge initialization is started
2 0x38 PEI(メモリ検出後) 進捗 Post-Memory North Bridge initialization (North Bridge module specific)
3 0x56 PEIエラー エラーコード Invalid CPU type or Speed
4 0x46 PEI(メモリ検出後) 進捗 OEM post memory initialization codes
5 0x49 PEI(メモリ検出後) 進捗 OEM post memory initialization codes
6 0x32 PEI(メモリ検出後) 進捗 CPU post-memory initialization is started
7 0x89 DXE 進捗 OEM DXE initialization codes
8 0x63 DXE 進捗 CPU DXE initialization is started
9 0x88 DXE 進捗 OEM DXE initialization codes
10 0x70 DXE 進捗 South Bridge DXE initialization is started
11 0x79 DXE 進捗 CSM initialization
12 0x9A BDS 進捗 USB initialization is started
13 0x94 BDS 進捗 PCI Bus Enumeration
14 0x19 PEI(メモリ検出前) 進捗 Pre-memory South Bridge initialization is started
15 0x38 PEI(メモリ検出後) 進捗 Post-Memory North Bridge initialization (North Bridge module specific)
16 0x56 PEIエラー エラーコード Invalid CPU type or Speed
17 0x46 PEI(メモリ検出後) 進捗 OEM post memory initialization codes
18 0x49 PEI(メモリ検出後) 進捗 OEM post memory initialization codes
19 0x32 PEI(メモリ検出後) 進捗 CPU post-memory initialization is started
20 0x89 DXE 進捗 OEM DXE initialization codes
21 0x62 DXE 進捗 Installation of the South Bridge Runtime Services
22 0x63 DXE 進捗 CPU DXE initialization is started
23 0x69 DXE 進捗 North Bridge DXE initialization is started
24 0x70 DXE 進捗 South Bridge DXE initialization is started
25 0x79 DXE 進捗 CSM initialization
26 0x94 BDS 進捗 PCI Bus Enumeration
27 0xB2 BDS 進捗 Legacy Option ROM Initialization
28 0x98 BDS 進捗 Console input devices connect
29 0x99 BDS 進捗 Super IO Initialization
30 0xA3 BDS 進捗 IDE Enable

何故かCPU speedでエラーが出ていますけど…EFIでターボブーストを使用しないように設定したからかも??

PCI診断カードのお陰でPC起動出来なかった原因を特定する事が出来ました。
PC起動しなくなった時に、自力で解決するタイプの人はPCI診断カードは持っていて損は無いです!

関連記事

スポンサーリンク
おススメ

ローエンドGPUですが4K対応です。 ロープロ対応でTDP30Wなので電源容量の少ないスリムPC向けです。GTX750Tiの新品が入手困難になっているので、ロープロ対応でGTX750Tiに近い性能が必要な人はGT1030がお勧めです。ただNVENC非対応なのでハードウェアエンコードする人向きではありません。

今から購入するならGTX1050Tiがオススメです消費電力はGTX750Tiと変わりません(TDP:75W)。メモリも4Gに増えています。


UE4エディターを使うなら消費電力の小さいGTX750Tiがオススメです(TDP:75W)。玄人志向のGTX750Tiならロープロ対応で消費電力も少なめ(TDP:60W)です。メモリは2Gです。
ただGTX750Tiの在庫が減少した為か、750Tiの価格が上昇しているので新しい1050Tiの方が安く買えます。


UE4とゲーム開発の勉強に最適です。本書とは別にPDFファイルと動画での解説があります。 バンダイナムコ社の方々がゲーム制作現場のノウハウを交えながらの解説されている為読み応えがありますし、内容も非常に分かりやすいです。唯一残念なのは、索引が無い事です。


UE4を全体的に触りだけ紹介されています。ブループリントはレベルブループリントでの解説だけの為、実際のゲーム開発現場での効率性等は一切無視された内容です。 恐らくクラスブループリントの紹介は続編で紹介していると思います。 上記のバンダイナムコ社の方々が作成した書籍の方が内容が何倍も濃く、実践向けの内容です。


動画編集・エフェクト追加に最適なソフトウェア
このCS6は全面クラウド化される前のパッケージなので、月額使用料は発生しません。

Production Premiumに含まれる単体製品
・Photoshop CS6 Extended
・Illustrator CS6
・Flash Professional CS6
・Premiere Pro CS6
・After Effects CS6
・Audition CS6
・SpeedGrade CS6
・Prelude CS6
・Encore CS6
Amazonで何度か商品閲覧していると割引クーポンがメールで送られて来ます



バージョンによって対応するGPUが異なるので
Adobe 必要システム構成で確認した方がいいです。CS6でQuadroではなくGeforceを使用する場合、対応するGPUは限られます(裏ワザで対応していないGPUを認識させる事は出来ますがおススメしません)。大人しくQuadroを購入した方が無難ですw

Quadroの性能比較は
nvidiaのサイトで確認出来ます。
ムービー制作の強力なツール
AfterEffectsの勉強にどうぞ。

タイムラインがキーフレームで埋め尽くされている人はエクスプレッションで作業効率UPしましょう。

無料の高性能3DCGツールのマニュアル。少し古いバーション用マニュアルなので最新版と差異が多少ありますが、基本的な操作は殆ど変わってないので、古いVerのマニュアルでも大丈夫です。
カウンター
リンク
Unreal Engine
UE4_logo.png

無料化したゲームエンジンです。ミドルレンジクラスのGPUが必須ですが、GTX750Tiでも軽快に動作します。
ueHow
Blender
blenderlogo.png

無料の3DCGツールです。他3DCGツールに使い慣れていると初めは操作性に苦戦しませすが、すぐに慣れます。無料でありながら高性能なので個人レベルで使用するならこれで十分です。
80Level
ゲーム制作の役に立つHow toが掲載されています。
THIEF TheGraceProject
title_blog.jpg

Thiefシリーズ日本語攻略サイト
AEP PROJECT
AEP.png

AfterEffectsUsersCommunity。色々と勉強になります。

BakaAfter
BA.png

神の領域に達した人がAdobeAfterEffectsを使うとこうなりますw

Animeの道具箱
datool.png
AfterEffectsのエクスプレッションやスクリプトについて非常に分かり易くまとめられています。

MMD配布サイト
VPVP.jpg

カメラ情報をAfterEffectsへ書き出すスクリプトや、Kinectと連携出来たりして何気に高機能なフリーソフトです。

Steam
steam.png
Valve Corporationが運営しているプラットフォームで、PCゲームをダウンロード購入出来ます。 不定期ながらだいたい四半期毎と10月の米国感謝祭と年末に大幅割引セールが行われるので、セール中に購入するのがおススメ。
カテゴリ
OS (5)
Adobe (8)
Web (5)
CPU (4)
GPU (10)
HDD (12)
GA2 (2)
PS3 (11)
GTA5 (18)
検索フォーム
最新記事
RSSリンクの表示