FC2ブログ

壊れたマザーボードのチェック

emotionサイトトップ > PC起動しない >壊れたマザーボードのチェック

ゲームやデザイン用に使用する高負荷用PCが故障(BIOSのPOSTさえ表示されない、電源ボタンの10秒押しで強制的に電源を落とさないと電源が落とせない状態)して、最低限の部品構成でも動作せず・・・
CMOSクリアもダメでした。
最終的にマザーボードか電源が怪しくなったので、新しい電源を購入して試した結果・・・マザーボードの故障が確定しました。
ECS_H67H2-A3.jpg
CPUは壊れる事は無いので、Core i5 2400から動作確認済のCore i3 2100に載せ替えて試してみましたが、やっぱりダメでした。

ECS_H67H2-A3.jpg
もうマザーボードのチェックしなきゃならないので、ケースから取り出すために全部の部品を外します。

ECS_H67H2-A3.jpg
CPU付近のコンデンサに埃がびっしり・・・CPUクーラーの周りは埃が付着し易いですからね。
マザーボードを取り外したら、まずはエアガンで埃を全て綺麗に吹き飛ばします。

ECS_H67H2-A3.jpg
5年ぶりにマザーボード摘出しましたw

ECS_H67H2-A3.jpg
一通り埃を取り除いた後、コンデンサの目視チェックしました。外見上は問題有りませんでした。
あとはプリント基盤上に変な焦げが無いかチェックもしました。
テスターのコンデンサ容量の上限が低いので、コンデンサのチェックは出来ませんw
まぁ・・・外見は正常でも中身はダメになっている事があるので、5年も経過したコンデンサは総取り替えでもいいんですけどね。
とりあえず、チップセットとVRMのヒートシンクを取り外してみます。

ECS_H67H2-A3.jpg
チップセットのグリスは完全に固着していました。XBOX360の時もこれくらいガチガチに固まっていましたw

ECS_H67H2-A3.jpg
固着したグリスを取り除いてグリスを塗り直しました。

ECS_H67H2-A3.jpg
VRM周りは大きな埃があったので綺麗に取り除きました。

ECS_H67H2-A3.jpg
あとCPUのバックパネルがちょっと歪曲している感じがしたので、バックパネルを取り外そうと思ったら、大きめのトルクスネジなので外せな・・・

ECS_H67H2-A3.jpg
と思ったら、AC-6088AにあったT20のビットがピッタリあったので外せました。というかこのネジがかなり緩い・・・かなり緩い締め付けなので、マイナスドライバーでも外せたかも?


ECS_H67H2-A3.jpg
バックパネルを取り外して、万力で水平に矯正しました。

ECS_H67H2-A3.jpg
あとはMOS FETのチェック。全てのMOS FETのチェックしましたが特に問題無さそう・・・
プリント基板上に異常が無くて、コンデンサも異常が無くて、MOS FETに異常がないとお手上げです。
あとはマザーボード上で壊れやすい部品と言えば・・・USB端子付近の電源異常くらいかな~、でも普段使わないPCなので無さそうですけど。やっぱりコンデンサ総入れ替えしないとかな~?

元通りに戻して電源を入れても結局POST画面が出ず、BIOS起動出来ませんでした。
マイクロソフトアカウントにWindows10のライセンス紐付けしていなかったので、新しいマザーボードに入れ替えると新しくWindows10を買うしか無いので・・・同じマザーボードが手に入れば・・・マザーボード交換検出されないでなんとかなるかも?
ヤフオクで同じマザーボード名で検索したら・・・ヒットしませんでした。
5年以上前のこんな中途半端なマザーボードが都合よく出品されている訳無いですよねw
こうなったら同じチップセットで同じメーカーのBIOS搭載しているマザーボードを探して、マザーボード交換検出されない事を祈るしかありません。
一応ECSのマザーボードで、H67チップセットで、AMI(American Megatrends Ibc)のBIOSのマザーボード。
ヤフオクの商品説明にBIOSのメーカーまでは掲載されていないので、出品されているマザーボードのメーカーサイトを見て搭載されているBIOSをチェックするしかありません。

とりあえずキーワードはH67だけで検索して、色々と物色していたら・・・
3ページ目くらいに見覚えがある化粧箱が写ってました!
ECS H67H2-A3のマザーボードです!
同じマザーボードが偶然出品されていましたw
でも・・・さっきマザーボード名で検索した時になんでヒットしなかっただろう?

とりあえず入札しておきました。
あとは高級なマザーボードに搭載されている故障診断LEDがあれば壊れたマザーボードの診断が出来るので、
PCIマザーボード診断カードも購入しておきました。

そしてマザーボードと診断カードが届くまでの間、一日3回電源を入れて運良く起動出来ないかダメ元でやっていたら・・・
商品が届く前日にPOST画面が表示されました。
え・・・えぇ~~~!?
とりあえず携帯電話を借りて、マイクロソフトアカウントを復帰させてWindows10のライセンス紐付けをやっておきました。
次・・・電源を落としたら二度と起動しない可能性があるので今のうちですw
でも、次から普通に起動出来るようになりました・・・

う~ん
ECS_H67H2-A3.jpg
マザーボード届いちゃったよw
Windows10のライセンス紐付け完了しちゃったから、どうせならZ68とかイイマザーボードに換装したかったな~w

ECS_H67H2-A3.jpg
せっかくなので届いたマザーボードにPCI診断カードを挿して動作チェックです。


CPUだけの構成で電源を入れてチェックです。
ECS_H67H2-A3.jpg
POSTコードは19でストップ。+12VのLEDが消えています。12V供給されていない?
このマザーボードに搭載されているBIOSはAMI製なので、AMIのPOSTコード表を見てみると・・・
AMI製の部分だけ掲載されていませんw
他メーカーでは何かのタイムオーバーしたのでメモリリフレッシュを開始するみたいな記載がありました。
電源は10秒押ししないと落とせませんでした。

とりあえずメモリを載せていなかったので、メモリとビデオカードを挿して再テストです。
ビデオカードは安定・低消費電力のQaudroです。
ECS_H67H2-A3.jpg
POSTコードはAB。
詳細は「DMIデータ展開中、次はDMI POST初期化します。」
POST画面が表示されて、BIOS起動出来ました。
当然、電源ボタンを押すと直ぐに電源が落ちました。
マザーボードも大丈夫そうですね。

次、マザーボードが壊れてもスペアのマザーボードがあるので安心ですw
あとPOST画面が表示されなくなったお手上げ状態のマザーボードは、PCI診断カードがあると起動シーケンスの進行状態がどこで止まったか分がかるので結構助かりますね。
自作PC派の人は持っていた方が良いかも?
てゆかPC自作するような人は、既にみんな持っているかもしれませんけど・・・

あと大型LCD搭載のPCI診断カードは詳細メッセージも表示されるみたいです。
ECS_H67H2-A3_18.jpg

■追記
PCI診断カードを使って調べた結果、PC起動しない原因はTeamのメモリでした。
詳細は起動しない(BIOS POST画面表示しない)PCのチェックを参照。



関連記事

スポンサーリンク
おススメ

ローエンドGPUですが4K対応です。 ロープロ対応でTDP30Wなので電源容量の少ないスリムPC向けです。GTX750Tiの新品が入手困難になっているので、ロープロ対応でGTX750Tiに近い性能が必要な人はGT1030がお勧めです。

GTX750Tiでは物足りなくなったけど消費電力を上げたくない場合は、GTX1050Tiがオススメです(TDP:75W)。数値上のスペックが2倍なので体感速度は良くても1.5倍程度だと思います。GTX750Tiの在庫が減少した為か、750Tiの価格が上昇しているので1050Tiの方が安く買えます。


GTX1050です。1050Tiより若干安めでメモリも半分の2GBです。消費電力は1050Tiと同じですが、1050Tiの方が若干性能が高いです。

UE4エディターを使うなら消費電力の小さいGTX750Tiがオススメです(TDP:75W)。
ASUSだとインターフェースが4つあります。


コスパ重視なら玄人志向のGTX750Tiもありますが、ロープロ対応なので冷却ファンが小さく消費電力も少なめ(TDP:60W)です。


UE4とゲーム開発の勉強に最適です。本書とは別にPDFファイルと動画での解説があります。 バンダイナムコ社の方々がゲーム制作現場のノウハウを交えながらの解説されている為読み応えがありますし、内容も非常に分かりやすいです。唯一残念なのは、索引が無い事です。


UE4を全体的に触りだけ紹介されています。ブループリントはレベルブループリントでの解説だけの為、実際のゲーム開発現場での効率性等は一切無視された内容です。 恐らくクラスブループリントの紹介は続編で紹介していると思います。 上記のバンダイナムコ社の方々が作成した書籍の方が内容が何倍も濃く、実践向けの内容です。


動画編集・エフェクト追加に最適なソフトウェア
このCS6は全面クラウド化される前のパッケージなので、月額使用料は発生しません。

Production Premiumに含まれる単体製品
・Photoshop CS6 Extended
・Illustrator CS6
・Flash Professional CS6
・Premiere Pro CS6
・After Effects CS6
・Audition CS6
・SpeedGrade CS6
・Prelude CS6
・Encore CS6
Amazonで何度か商品閲覧していると割引クーポンがメールで送られて来ます



バージョンによって対応するGPUが異なるので
Adobe 必要システム構成で確認した方がいいです。CS6でQuadroではなくGeforceを使用する場合、対応するGPUは限られます(裏ワザで対応していないGPUを認識させる事は出来ますがおススメしません)。大人しくQuadroを購入した方が無難ですw

Quadroの性能比較は
nvidiaのサイトで確認出来ます。
ムービー制作の強力なツール
AfterEffectsの勉強にどうぞ。

タイムラインがキーフレームで埋め尽くされている人はエクスプレッションで作業効率UPしましょう。

無料の高性能3DCGツールのマニュアル。少し古いバーション用マニュアルなので最新版と差異が多少ありますが、基本的な操作は殆ど変わってないので、古いVerのマニュアルでも大丈夫です。
リンク
Unreal Engine
UE4_logo.png

無料化したゲームエンジンです。ミドルレンジクラスのGPUが必須ですが、GTX750Tiでも軽快に動作します。
ueHow
Blender
blenderlogo.png

無料の3DCGツールです。他3DCGツールに使い慣れていると初めは操作性に苦戦しませすが、すぐに慣れます。無料でありながら高性能なので個人レベルで使用するならこれで十分です。
80Level
ゲーム制作の役に立つHow toが掲載されています。
THIEF TheGraceProject
title_blog.jpg

Thiefシリーズ日本語攻略サイト
AEP PROJECT
AEP.png

AfterEffectsUsersCommunity。色々と勉強になります。

BakaAfter
BA.png

神の領域に達した人がAdobeAfterEffectsを使うとこうなりますw

Animeの道具箱
datool.png
AfterEffectsのエクスプレッションやスクリプトについて非常に分かり易くまとめられています。

MMD配布サイト
VPVP.jpg

カメラ情報をAfterEffectsへ書き出すスクリプトや、Kinectと連携出来たりして何気に高機能なフリーソフトです。

Steam
steam.png
Valve Corporationが運営しているプラットフォームで、PCゲームをダウンロード購入出来ます。 不定期ながらだいたい四半期毎と10月の米国感謝祭と年末に大幅割引セールが行われるので、セール中に購入するのがおススメ。
カテゴリ
OS (5)
Adobe (8)
Web (5)
CPU (4)
GPU (9)
HDD (11)
GA2 (2)
PS3 (11)
GTA5 (18)
検索フォーム
最新記事
RSSリンクの表示