FC2ブログ

BenQの液晶モニタE2220HDが一瞬だけ表示されて消える

emotionサイトトップ > モニタ >BenQの液晶モニタE2220HDが一瞬だけ表示されて消える

BENQE2220HD.jpg
ヤフオクでジャンク品のBenQのE2220HDが980円で売っていたのでダメ元で入札したらうっかり落札しちゃいましたw
E2220HDはHDMI入力端子を2つ搭載、サイドにステレオジャック搭載、入力切り替えボタンがあって使い勝手が良いんですよね~。
唯一の難点は他メーカーのモニタより重い。
ジャンク品の症状は、電源を入れると一瞬画面表示されるけど、その後表示が消えてしまう事。
でもパイロットランプはグリーン色で点灯したまま。
という事で分解ですw

BENQE2220HD.jpg
モニタの下側にある隙間にマイナスドライバー(本当はプラスチックのリムーバーを使うと傷がつかない)を挿し込んで・・・
というか既に傷がついている・・・よく見ると全周に渡って傷があったので、一度分解された可能性がありますね。

BENQE2220HD.jpg
いつも通り裏ツメを外していきます。

BENQE2220HD.jpg
サイド側のUSB端子・ステレオジャックの基盤に繋がっているコネクタを外すのをお忘れ無く

BENQE2220HD.jpg
いつも通りアルミテープで固定されているので外します。
というかアルミテープも一度剥がした形跡が・・・直ぐに剥がれるというか、全然接着出来ていない。


BENQE2220HD.jpg
液晶パネルに繋がっている電源絡みのコネクタも

BENQE2220HD.jpg
なんかコネクタの両サイドがボロボロになっていました、多分プライヤーで挟んで引き抜かれたんでしょう。
ここはストッパーを指で抑えながら、ストッパー裏にマイナスドライバーを当ててテコの原理で押し出せば簡単に外れます。

BENQE2220HD.jpg
しかも被覆が切れて線が剥き出しになっているし!

BENQE2220HD.jpg
フィルムケーブルも外します。

BENQE2220HD.jpg
フィルムケーブルのコネクタ両サイドにストッパーがあるので、解除しながら外します。

BENQE2220HD.jpg
基盤ケースの底部分にツメがあるのでこれも外します。

BENQE2220HD.jpg
これで基盤ケースが外せます。

BENQE2220HD.jpg
基盤ケースを外すと見覚えのあるシールが・・・

BENQE2220HD.jpg
台湾のAU Optronics(Benqグループ)のM215HW01です。
iiyamaの液晶モニタもこのパネルを使っていました。

BENQE2220HD.jpg
左がインバーター基盤、中央が制御基板、右がUSB用基盤

BENQE2220HD.jpg
制御基板を取り外すには、入力端子のネジ/ナットを取り外します。
よく見たらD-SUB端子のナットが一つ欠如しています。こんな所のボルトが無くすなんて完全に分解済みですね。

BENQE2220HD.jpg
ナットは5mmソケットで外します。

BENQE2220HD.jpg
基板側のネジを外したら普通に外れます。
症状的にインバーター基盤が問題なんでしょうけど、念の為こちらもチェックです。
目視チェックでは特に異常はありませんでした。

BENQE2220HD.jpg
次はインバータ基板ですが、外側のパネルを外します。

BENQE2220HD.jpg
このパネルがあるとインバータ基盤を外せません。

BENQE2220HD.jpg
あとは基盤中央にも固定しているツメがあるので解除します。

BENQE2220HD.jpg
目視チェックした限りでは問題なさそうです。
まぁ一度分解された形跡があったので、ここまでチェックされていたと思うので、目視レベルで分かる故障は見つからないでしょうね。
症状からしてコンデンサ絡みだと思うので、コンデンサの静電容量が低下しているのかも?
静電容量[μF]電圧[V]上限温度[℃]数量
680251052
25501051
2204501051
680251052
1,000251051
470161051
1,000161052

とりあえず使用されていたコンデンサのメモです。
680μFの欄が2つあるのは誤記では無く、メーカーが違うので分けてメモしました。

BENQE2220HD.jpg
気になったのはダイオード周辺に黒い粉が飛び散っていた事です。

とりあえず今は簡易テスターしか持っていないので、静電容量とダイオードチェックが出来るテスターが無いと何も出来ません。
テスターを前の会社に置きっぱなしにしたのは痛いな~。
テスターが届いたら作業再開です。
コンデンサは安いので全部交換しちゃってもいいんですけど、コンデンサが原因じゃなかったら無駄な出費になりますからね~。



■追記
電源基板上のトランジスタのチェックはOKだったので、やっぱりコンデンサが怪しい・・・。
でも画面が一瞬表示された後に消えて、パイロットランプがグリーン色に点灯したままの場合、
電源基盤では無く、バックライトのCCFL故障の可能性が・・・。
そういえばCCFLに繋がる配線の被覆が剥き出しになっていたなぁ・・・あれがショートしてバックライトが壊れていたのかも?
バックライトと液晶はiiyamaのE2210HDSと同じM215HW01を使っていたので、正常に動作しているM215HW01を繋げて正常動作すれば、バックライト故障確定なんですけど・・・
面倒だなぁ~w
逆に試した結果正常なバックライトも壊れたら嫌なので、部品取りで部品が手に入るまでは放置する事にしました。
後はインバーターが故障してCCFLを点灯させるだけの高電圧を発生できていないパターン。
インバーターが原因の場合、インバーターは単品で手に入れられないので、中古で基盤ごと購入するしかありません。
そうなると・・・このモニタは部品取りですね、まぁ他モニタの液晶パネルが故障したら、このモニタの液晶パネルを使いますか~、私の持っているモニタはAcer・iiyama・Benqなので、全部Benqの子会社の同じ型の液晶パネルを使っていますw



関連記事

スポンサーリンク
おススメ

ローエンドGPUですが4K対応です。 ロープロ対応でTDP30Wなので電源容量の少ないスリムPC向けです。GTX750Tiの新品が入手困難になっているので、ロープロ対応でGTX750Tiに近い性能が必要な人はGT1030がお勧めです。

GTX750Tiでは物足りなくなったけど消費電力を上げたくない場合は、GTX1050Tiがオススメです(TDP:75W)。数値上のスペックが2倍なので体感速度は良くても1.5倍程度だと思います。GTX750Tiの在庫が減少した為か、750Tiの価格が上昇しているので1050Tiの方が安く買えます。


GTX1050です。1050Tiより若干安めでメモリも半分の2GBです。消費電力は1050Tiと同じですが、1050Tiの方が若干性能が高いです。

UE4エディターを使うなら消費電力の小さいGTX750Tiがオススメです(TDP:75W)。
ASUSだとインターフェースが4つあります。


コスパ重視なら玄人志向のGTX750Tiもありますが、ロープロ対応なので冷却ファンが小さく消費電力も少なめ(TDP:60W)です。


UE4とゲーム開発の勉強に最適です。本書とは別にPDFファイルと動画での解説があります。 バンダイナムコ社の方々がゲーム制作現場のノウハウを交えながらの解説されている為読み応えがありますし、内容も非常に分かりやすいです。唯一残念なのは、索引が無い事です。


UE4を全体的に触りだけ紹介されています。ブループリントはレベルブループリントでの解説だけの為、実際のゲーム開発現場での効率性等は一切無視された内容です。 恐らくクラスブループリントの紹介は続編で紹介していると思います。 上記のバンダイナムコ社の方々が作成した書籍の方が内容が何倍も濃く、実践向けの内容です。


動画編集・エフェクト追加に最適なソフトウェア
このCS6は全面クラウド化される前のパッケージなので、月額使用料は発生しません。

Production Premiumに含まれる単体製品
・Photoshop CS6 Extended
・Illustrator CS6
・Flash Professional CS6
・Premiere Pro CS6
・After Effects CS6
・Audition CS6
・SpeedGrade CS6
・Prelude CS6
・Encore CS6
Amazonで何度か商品閲覧していると割引クーポンがメールで送られて来ます



バージョンによって対応するGPUが異なるので
Adobe 必要システム構成で確認した方がいいです。CS6でQuadroではなくGeforceを使用する場合、対応するGPUは限られます(裏ワザで対応していないGPUを認識させる事は出来ますがおススメしません)。大人しくQuadroを購入した方が無難ですw

Quadroの性能比較は
nvidiaのサイトで確認出来ます。
ムービー制作の強力なツール
AfterEffectsの勉強にどうぞ。

タイムラインがキーフレームで埋め尽くされている人はエクスプレッションで作業効率UPしましょう。

無料の高性能3DCGツールのマニュアル。少し古いバーション用マニュアルなので最新版と差異が多少ありますが、基本的な操作は殆ど変わってないので、古いVerのマニュアルでも大丈夫です。
リンク
Unreal Engine
UE4_logo.png

無料化したゲームエンジンです。ミドルレンジクラスのGPUが必須ですが、GTX750Tiでも軽快に動作します。
ueHow
Blender
blenderlogo.png

無料の3DCGツールです。他3DCGツールに使い慣れていると初めは操作性に苦戦しませすが、すぐに慣れます。無料でありながら高性能なので個人レベルで使用するならこれで十分です。
80Level
ゲーム制作の役に立つHow toが掲載されています。
THIEF TheGraceProject
title_blog.jpg

Thiefシリーズ日本語攻略サイト
AEP PROJECT
AEP.png

AfterEffectsUsersCommunity。色々と勉強になります。

BakaAfter
BA.png

神の領域に達した人がAdobeAfterEffectsを使うとこうなりますw

Animeの道具箱
datool.png
AfterEffectsのエクスプレッションやスクリプトについて非常に分かり易くまとめられています。

MMD配布サイト
VPVP.jpg

カメラ情報をAfterEffectsへ書き出すスクリプトや、Kinectと連携出来たりして何気に高機能なフリーソフトです。

Steam
steam.png
Valve Corporationが運営しているプラットフォームで、PCゲームをダウンロード購入出来ます。 不定期ながらだいたい四半期毎と10月の米国感謝祭と年末に大幅割引セールが行われるので、セール中に購入するのがおススメ。
カテゴリ
OS (5)
Adobe (8)
Web (5)
CPU (4)
GPU (9)
HDD (11)
GA2 (2)
PS3 (11)
GTA5 (18)
検索フォーム
最新記事
RSSリンクの表示