富士通LIFEBOOK P771/Cの分解清掃・CPUグリス塗り直し

emotionサイトトップ > 熱対策 >富士通LIFEBOOK P771/Cの分解清掃・CPUグリス塗り直し

今回の犠牲者は
lifebook771CL.jpg
法人向けに販売されているラップトップの富士通LIFEBOOK P771/Cです。

ちょっと負荷を掛けたら・・・
lifebook771CL.jpg
CPUの温度が100℃になってました。
CPUのヒートシンクを触ってみたら火傷しそうな程の爆熱になっていました。

CPUが爆熱Core i5とはいえ、これはちょっと異常です。
以前デスクトップPCでもCPU温度が99℃になった時はCPUグリスを塗り直したら解決したので、
ラップトップももしかしたらCPUグリス塗り直しで解決するかも!?
と思ったので、PCが壊れる前に分解してCPUグリスの塗り直しです。
あと、気温が34℃超えしていて、HDDの温度も最大で53℃に達していたので、ついでにHDDの温度対策をします。

lifebook771CL.jpg
元々、熱対策の為にキーボードは取り外してアルミ板を剥き出しにしていました。

lifebook771CL.jpg
ヒートシンク付近のファンがフレッシュエアーを吸えるように、ファンカバーも外したままでしたので、ホコリが結構溜まっていましたw

lifebook771CL.jpg
まずはバッテリーとHDDカバーを取り外します。

lifebook771CL.jpg
HDDカバーを取り外したらフィルムケーブルのコネクタを取り外します。

lifebook771CL.jpg
ストッパーは無いので、普通に上に引き抜くだけで外れます。

lifebook771CL.jpg
ネジを取り外します。(取り外すネジの箇所はもうちょっとあったかもしれないので、後で確認しますw)

lifebook771CL.jpg
前面に戻ったらアルミ板上にある2本のネジを外します。

lifebook771CL.jpg
続いてタッチパッドと操作パネルに繋がっているハーネスを外します。
スピーカーに繋がっているケーブルのコネクタは・・・とりあえずそのままです。

lifebook771CL.jpg
タッチパッドのフィルムハーネスは脇に茶色のストッパーがあるので、ストッパーを手前に引いてロック解除します。
何度も言いますが、以前派遣社員がストッパーの存在を知らず無理やりフィルムケーブルを引き抜いて破損させた事がありますw

lifebook771CL.jpg
ストッパー解除するとフィルムケーブルがスルっと外れます。

lifebook771CL.jpg
次は操作パネルに繋がっているフィルムケーブルも同様にストッパーのロックを解除してフィルムケーブルを抜きます。

lifebook771CL.jpg
最後にスピーカーに繋がっているコネクタですが、コネクタに溝が無いのでコネクタが抜けません。
配線を摘んで無理やり引き抜く事も出来ますが、配線が抜けそうだったので諦めました。

lifebook771CL.jpg
上カバーを浮かせてみると、スピーカーが見えるのでスピーカー自体を取り外します。

lifebook771CL.jpg
配線はテープ止めされているのでテープを外します。

lifebook771CL.jpg
スピーカーを止めているネジを外すと簡単に外れます。

lifebook771CL.jpg
これで上カバーが外れてマザーボードが見えるようになりました。
薄側ラップトップと違ってカバーに大量のツメがあるわけじゃないので、カバーの取り外しは非常に簡単です。
まずはメイン基板に止まっているネジを2本外します。
(てゆか2本しか残っていないw)

lifebook771CL.jpg
続いてディスプレイに繋がっているハーネスを取り外したかったのですが、上手く外れない・・・
なので外すのは諦めました。
マザーボードを外す時に一緒にディスプレイを外すことにしましたw

lifebook771CL.jpg
右側のサブ基盤に乗っているPCIカードの配線を外します。
この配線は上に引き抜くだけで外れます。

lifebook771CL.jpg
USBカバーのネジと、サブ基盤の2本のネジを外します。

lifebook771CL.jpg
D-SUB端子のネジも外します。

lifebook771CL.jpg
5mmの六角ソケットで外します。


lifebook771CL.jpg
これでサブ基盤が外れます。
ちなみにサブ基盤に繋がっているフィルムケーブルは外し方がちょっと分からなかったので、フィルムケーブルをつけたまま基盤を外しています。

lifebook771CL.jpg
もう一つのサブ基盤のフィルムケーブルは上に引き抜くだけで外れたので、こちらはフィルムケーブルを外して基盤はそのまま残しました。

lifebook771CL.jpg
これでマザーボードとサブ基盤が取り外せるので、ディスプレイを止めているネジを外します。

lifebook771CL.jpg
右側のディスプレイ用ネジも外します。

lifebook771CL.jpg
ディスプレイと一緒にマザーボードとサブ基盤を丸ごとごっそり取り外せました。

lifebook771CL.jpg
マザーボードを裏返してCPUファンを取り外します。

lifebook771CL.jpg
CPUのヒートヒンクを止めている3本のネジを取り外します。

lifebook771CL.jpg
わ~www
綺麗に拭き取りますw

lifebook771CL.jpg
ヒートシンク側も綺麗に拭き取ります。

lifebook771CL.jpg
いつものシリコングリス君の登場です。


lifebook771CL.jpg
いつものように薄く伸ばさずに、ちょこんと盛るように塗ってヒートシンクを取り付けます。
あとは元通りに組み上げるだけです。
勿論、組み上げる時に各部に付着したホコリを綺麗に取り除きました。


~~~~おまけ~~~~
lifebook771CL.jpg
マザーボードを見ていたら、銅のヒートシンク部分の場所にスペースがありました。
実はここはグレードの高いLifebookの場合、HDMI出力端子が搭載される部分なのですが・・・
P771/CはHDMI出力端子が無いので空きスペースがあったんですね~。

lifebook771CL.jpg
いざという時に銅のヒートシンクにアルミのクチバシクリップを取り付けたら、お手軽にヒートシンク拡張出来るのでは?

lifebook771CL.jpg
上カバーを見てもちょうど樹脂の部分をカットしたらクチバシクリップを挿入出来るスペースが出来そうです。

lifebook771CL.jpg
カットする場所を鉛筆で印をつけて・・・
ついでにCPUファンがより多くのフレッシュエアーを吸えるようにアルミ板もカットする事にしました。
ちなみに下のケース部分はスチールっぽいのでカットするのが大変そうなので、上カバーの樹脂部分カットする事にしました。

lifebook771CL.jpg
アルミ板をカットしてCPUファンが見える状態にしました。
これで吸気効率がかなり上がったと思います。

lifebook771CL.jpg
クチバシクリップも挿せるようになったので夏はこれでヒートシンク拡張出来るようになりました。

lifebook771CL.jpg
更におまけで、ヒートシンクとスチールケースの間に銅の10円玉を挟んで

lifebook771CL.jpg
HDDクーラーを取り付けました、なんと斬新なガムテ止めwww
ちなみに10円玉はHDD用ヒートシンクにも接触しています。
スチールケースとHDD用ヒートシンクにも熱が伝わります。
ついでにHDDにもファンの風があたります。
(ちなみにかなり昔に購入したHDDクーラーなのでAmazonで検索したら同じものはありませんでした)


lifebook771CL.jpg
ちなみにこのファンは12V電源なので・・・USBの5V電源を使いました。
まぁ電圧が低いとファンの回転数が落ちるだけなので5V電源で十分です。
単純に余っているUSBケーブルをカットしてペリフェラル端子に繋げましたw

lifebook771CL.jpg
宙に浮かせないと吸気が出来ないのでACアダプタの上に載せました。

で、その結果!!
lifebook771CL.jpg
CPUは最大97℃まで逝きましたorz
3℃下がったけど・・・あまり意味がなかった!?
でもHDDは最大で45℃で落ち着いて50℃超えする事は無くなりました。

う~ん、CPUを爆熱Core i5-2520MからCore i3-2310Mに換装した方が良さそうな気がしてきた・・・

てゆかこのラップトップはCPU換装出来なさそうだった気が・・・www



追記
グリスを塗り直して熱対策してから1ヶ月経過しました。
今までは週に1,2回はブルースクリーンで落ちていたのですが、ブルースクリーンにならなくなりました。
今までブルースクリーンで落ちていたのは熱暴走対策でダウンさせられていたのかも?
とりあえず今回の対策は効果があったという事でw
スポンサーリンク
おススメ

ローエンドGPUですが4K対応です。 ロープロ対応でTDP30Wなので電源容量の少ないスリムPC向けです。GTX750Tiの新品が入手困難になっているので、ロープロ対応でGTX750Tiに近い性能が必要な人はGT1030がお勧めです。

GTX750Tiでは物足りなくなったけど消費電力を上げたくない場合は、GTX1050Tiがオススメです(TDP:75W)。数値上のスペックが2倍なので体感速度は良くても1.5倍程度だと思います。GTX750Tiの在庫が減少した為か、750Tiの価格が上昇しているので1050Tiの方が安く買えます。


GTX1050です。1050Tiより若干安めでメモリも半分の2GBです。消費電力は1050Tiと同じですが、1050Tiの方が若干性能が高いです。

UE4エディターを使うなら消費電力の小さいGTX750Tiがオススメです(TDP:75W)。
ASUSだとインターフェースが4つあります。


コスパ重視なら玄人志向のGTX750Tiもありますが、ロープロ対応なので冷却ファンが小さく消費電力も少なめ(TDP:60W)です。


UE4とゲーム開発の勉強に最適です。本書とは別にPDFファイルと動画での解説があります。 バンダイナムコ社の方々がゲーム制作現場のノウハウを交えながらの解説されている為読み応えがありますし、内容も非常に分かりやすいです。唯一残念なのは、索引が無い事です。


UE4を全体的に触りだけ紹介されています。ブループリントはレベルブループリントでの解説だけの為、実際のゲーム開発現場での効率性等は一切無視された内容です。 恐らくクラスブループリントの紹介は続編で紹介していると思います。 上記のバンダイナムコ社の方々が作成した書籍の方が内容が何倍も濃く、実践向けの内容です。


動画編集・エフェクト追加に最適なソフトウェア
このCS6は全面クラウド化される前のパッケージなので、月額使用料は発生しません。

Production Premiumに含まれる単体製品
・Photoshop CS6 Extended
・Illustrator CS6
・Flash Professional CS6
・Premiere Pro CS6
・After Effects CS6
・Audition CS6
・SpeedGrade CS6
・Prelude CS6
・Encore CS6
Amazonで何度か商品閲覧していると割引クーポンがメールで送られて来ます



バージョンによって対応するGPUが異なるので
Adobe 必要システム構成で確認した方がいいです。CS6でQuadroではなくGeforceを使用する場合、対応するGPUは限られます(裏ワザで対応していないGPUを認識させる事は出来ますがおススメしません)。大人しくQuadroを購入した方が無難ですw

Quadroの性能比較は
nvidiaのサイトで確認出来ます。
ムービー制作の強力なツール
AfterEffectsの勉強にどうぞ。

タイムラインがキーフレームで埋め尽くされている人はエクスプレッションで作業効率UPしましょう。

無料の高性能3DCGツールのマニュアル。少し古いバーション用マニュアルなので最新版と差異が多少ありますが、基本的な操作は殆ど変わってないので、古いVerのマニュアルでも大丈夫です。
リンク
Unreal Engine
UE4_logo.png

無料化したゲームエンジンです。ミドルレンジクラスのGPUが必須ですが、GTX750Tiでも軽快に動作します。
ueHow
Blender
blenderlogo.png

無料の3DCGツールです。他3DCGツールに使い慣れていると初めは操作性に苦戦しませすが、すぐに慣れます。無料でありながら高性能なので個人レベルで使用するならこれで十分です。
80Level
ゲーム制作の役に立つHow toが掲載されています。
THIEF TheGraceProject
title_blog.jpg

Thiefシリーズ日本語攻略サイト
AEP PROJECT
AEP.png

AfterEffectsUsersCommunity。色々と勉強になります。

BakaAfter
BA.png

神の領域に達した人がAdobeAfterEffectsを使うとこうなりますw

Animeの道具箱
datool.png
AfterEffectsのエクスプレッションやスクリプトについて非常に分かり易くまとめられています。

MMD配布サイト
VPVP.jpg

カメラ情報をAfterEffectsへ書き出すスクリプトや、Kinectと連携出来たりして何気に高機能なフリーソフトです。

Steam
steam.png
Valve Corporationが運営しているプラットフォームで、PCゲームをダウンロード購入出来ます。 不定期ながらだいたい四半期毎と10月の米国感謝祭と年末に大幅割引セールが行われるので、セール中に購入するのがおススメ。
カテゴリ
OS (5)
Adobe (8)
Web (5)
CPU (4)
GPU (9)
HDD (10)
GA2 (2)
PS3 (11)
GTA5 (15)
検索フォーム
最新記事
RSSリンクの表示