FC2ブログ

IPSパネルの4Kモニタが3万円台!?

emotionサイトトップ > モニタ >IPSパネルの4Kモニタが3万円台!?

今、4Kモニタで一番安いのは幾らくらいかな~?
と、何気なくAmazonで探してみたら・・・
LG_4k1.png
メーカーサイト:http://www.lg.com/jp/monitor/lg-24UD58-B

もう33,000円で買えるくらい手頃な価格で売っていました。
しかもスペックをみたら結構良い感じでした。
メーカーは韓国のLGですけどね。

まず、パネルが低価格モニタによく採用されているTNパネルではなく、
高額モニタによく採用されているあのIPSパネル
IPSパネルは斜めから見ても良く見えるので医療機関用モニタで良く採用されていて、EIZOというメーカーがIPSパネルのモニタをよく製造していますが、
EIZOのIPSパネルモニタは価格が高くて、消費電力もTNパネルの3倍くらいありました。
でもこのLGのモニタはIPSパネルなのに価格も安くて、消費電力も26.8Wと低消費電力です。
ブルーライト低減機能が付いているので、バックライトは多分LEDかも??
LEDバックライトなら消費電力の低さも納得できます。
ただ、メーカーサイトを見てもバックライトがLEDかどうかは記載されていませんでした。
それにHDMI入力端子が2つ搭載されていて、しかもHDMI Ver2.0対応で60Hz対応なのでゲームにも使えますね。
LG_4k2.png
注意点は入力端子がHDMI x 2 と DisplayPort x 1だけなので、
D-subやDVI出力しかないPCには使用出来ません・・・まぁ4KモニタなのでHDMIとDPだけで十分なので、余計な入力端子を省いたのでしょう。

スペックだけ見ると、
このスペックで本当に3万円台!?
と、うっかりポチってしまいそうになりました。

4Kなのにモニタサイズが24インチという小さいサイズなのもいいですよね。


昔LGのモニタを購入した時は、
電源ボタンが前についていてそのボタンが真っ白に光って眩しかった記憶が・・・
しかもPCの電源を落としてモニタがスタンバイモードになると、ボタンが間欠点滅してこれまた眩しかったのでPCの電源を落とす度に毎回モニタの電源を切っていた記憶が・・・
結局、その電源ボタンが眩しかったので、カラーテープで眩しくないようにしていました。
もう、あのLG仕様の眩しい電源ボタンじゃなくなっているのかなぁ?

悪い点は・・・
スピーカー内臓されていない事。
多分、4Kモニターを使うような人はスピーカーにこだわりがあるだろうから、チンケな内臓スピーカーなんて要らないでしょう?
というスタイルなのかも?
スピーカー内臓モニタって地味に便利なんですけどね。
BenQなんてスピーカーとUSBハブも内臓してくれるんですけどね、まぁBenQのモニタは重量があるのが難点ですけど。

あとは、モニタの切り替えがワンタッチじゃないみたいです。
メニューで何回か操作しないと切り替えが出来ないみたいで・・・昔使っていたLGモニタもワンタッチ切り替えボタンはありませんでした。
BenQはEnterボタンで一発切り替え可能です。
てゆか自動切換えくらいはありますよね?
でも・・・Amazonレビューを見る限りでは、PCとPS4の切り替えで面倒な思いをしている人が多いので、自動切り替えも無さそうです。

入力自動切換えと、ワンタッチ入力切替と、スピーカー内臓だったら、
多分ポチってましたw
DisplayPortとHDMI出力のPC2台を使い分けているので低消費電力PCで作業する時はDisplayPort入力で使いたいんですよね~。
(ちょっと調べてみたら、人によっては入力自動切換えが邪魔という人がいるらしく、恐らくLGはそういう人の意見を尊重したのかもしれません。それならオプションで自動切換え有無くらい用意してくれても良い気もしますが・・・
あと、LGのモニタは電源ON時の入力自動切換えはありませんが、モニタの電源ON時の入力自動切換えがあるらしいので、もしかしたらこのモニタにも電源ON時の切り替えはあるかもしれません。
つまりモニタの電源ON/OFFが入力自動切換えスイッチ代わりになる可能性があります。)

個人的にはBenQのモニタが好きなので、BenQの4Kモニタが欲しいのですが・・・
一番安いので89,800円orz
しかも32インチ・・・大きいモニタは邪魔ですw

JapanNextのモニタでHDMI Ver2.0、スピーカー内臓、28インチ、DVI端子付き、
というスペックのモニタが38,000円で売られていましたけど・・・
28インチというのと、JapanNextって悪評が多いので無しですねw




■追記
不良品に当たるとバックライトの輝度斑が発生するみたいです。
LG4K_BackLight.png
https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2C0EVAR6TFE9U/ref=cm_cr_dp_d_rvw_btm?ie=UTF8&ASIN=B01L8H204W#wasThisHelpful

iiyamaのProLite E2210HDSでも似たような症状が発生しましたけどね。
[ProLite E2210HDSが故障。PCモニタは国内企業より台湾の方が優秀なのかな?? ]
iiyamaの安い液晶は製造は日本でも部品がメイドインチャイナだったりするので悪評が高かったり。
あと居間にあるソニーのブラビアでも似たような輝度斑が発生しました。
ブラビアの場合はバックライトの輝度斑というより液晶の斑みたいな感じ・・・輝度斑よりもタチが悪い。

ソニーの場合は伝統のソニータイマー
でしょうけどw

モニタは使い始めにトラブルが発生し易いので新品購入したら、直ぐに電源を入れて長時間稼働させて異常発生しないか確認しておく必要がありますね。
保証期間中にトラブルが発生すれば無償交換出来ますからね。
ドット抜けは何故か無償交換対象外ですけどね・・・
関連記事

スポンサーリンク
おススメ

ローエンドGPUですが4K対応です。 ロープロ対応でTDP30Wなので電源容量の少ないスリムPC向けです。GTX750Tiの新品が入手困難になっているので、ロープロ対応でGTX750Tiに近い性能が必要な人はGT1030がお勧めです。

GTX750Tiでは物足りなくなったけど消費電力を上げたくない場合は、GTX1050Tiがオススメです(TDP:75W)。数値上のスペックが2倍なので体感速度は良くても1.5倍程度だと思います。GTX750Tiの在庫が減少した為か、750Tiの価格が上昇しているので1050Tiの方が安く買えます。


GTX1050です。1050Tiより若干安めでメモリも半分の2GBです。消費電力は1050Tiと同じですが、1050Tiの方が若干性能が高いです。

UE4エディターを使うなら消費電力の小さいGTX750Tiがオススメです(TDP:75W)。
ASUSだとインターフェースが4つあります。


コスパ重視なら玄人志向のGTX750Tiもありますが、ロープロ対応なので冷却ファンが小さく消費電力も少なめ(TDP:60W)です。


UE4とゲーム開発の勉強に最適です。本書とは別にPDFファイルと動画での解説があります。 バンダイナムコ社の方々がゲーム制作現場のノウハウを交えながらの解説されている為読み応えがありますし、内容も非常に分かりやすいです。唯一残念なのは、索引が無い事です。


UE4を全体的に触りだけ紹介されています。ブループリントはレベルブループリントでの解説だけの為、実際のゲーム開発現場での効率性等は一切無視された内容です。 恐らくクラスブループリントの紹介は続編で紹介していると思います。 上記のバンダイナムコ社の方々が作成した書籍の方が内容が何倍も濃く、実践向けの内容です。


動画編集・エフェクト追加に最適なソフトウェア
このCS6は全面クラウド化される前のパッケージなので、月額使用料は発生しません。

Production Premiumに含まれる単体製品
・Photoshop CS6 Extended
・Illustrator CS6
・Flash Professional CS6
・Premiere Pro CS6
・After Effects CS6
・Audition CS6
・SpeedGrade CS6
・Prelude CS6
・Encore CS6
Amazonで何度か商品閲覧していると割引クーポンがメールで送られて来ます



バージョンによって対応するGPUが異なるので
Adobe 必要システム構成で確認した方がいいです。CS6でQuadroではなくGeforceを使用する場合、対応するGPUは限られます(裏ワザで対応していないGPUを認識させる事は出来ますがおススメしません)。大人しくQuadroを購入した方が無難ですw

Quadroの性能比較は
nvidiaのサイトで確認出来ます。
ムービー制作の強力なツール
AfterEffectsの勉強にどうぞ。

タイムラインがキーフレームで埋め尽くされている人はエクスプレッションで作業効率UPしましょう。

無料の高性能3DCGツールのマニュアル。少し古いバーション用マニュアルなので最新版と差異が多少ありますが、基本的な操作は殆ど変わってないので、古いVerのマニュアルでも大丈夫です。
リンク
Unreal Engine
UE4_logo.png

無料化したゲームエンジンです。ミドルレンジクラスのGPUが必須ですが、GTX750Tiでも軽快に動作します。
ueHow
Blender
blenderlogo.png

無料の3DCGツールです。他3DCGツールに使い慣れていると初めは操作性に苦戦しませすが、すぐに慣れます。無料でありながら高性能なので個人レベルで使用するならこれで十分です。
80Level
ゲーム制作の役に立つHow toが掲載されています。
THIEF TheGraceProject
title_blog.jpg

Thiefシリーズ日本語攻略サイト
AEP PROJECT
AEP.png

AfterEffectsUsersCommunity。色々と勉強になります。

BakaAfter
BA.png

神の領域に達した人がAdobeAfterEffectsを使うとこうなりますw

Animeの道具箱
datool.png
AfterEffectsのエクスプレッションやスクリプトについて非常に分かり易くまとめられています。

MMD配布サイト
VPVP.jpg

カメラ情報をAfterEffectsへ書き出すスクリプトや、Kinectと連携出来たりして何気に高機能なフリーソフトです。

Steam
steam.png
Valve Corporationが運営しているプラットフォームで、PCゲームをダウンロード購入出来ます。 不定期ながらだいたい四半期毎と10月の米国感謝祭と年末に大幅割引セールが行われるので、セール中に購入するのがおススメ。
カテゴリ
OS (5)
Adobe (8)
Web (5)
CPU (4)
GPU (9)
HDD (11)
GA2 (2)
PS3 (11)
GTA5 (18)
検索フォーム
最新記事
RSSリンクの表示