Optiplex790SSFの熱対策

emotionサイトトップ > 熱対策 >Optiplex790SSFの熱対策

スリムケースPCにとって厳しい季節がやってきました。
DellのOptiplex790SSFは国内メーカーのスリムケースPCよりエアフローが考えられた設計(国内メーカーのスリムケースはエアフローより静音性重視している為、エアフローは最悪)ですが、
optiplex790_coolhdd1.png
HDDはどうしてもエアフローの恩恵を受けない配置になってしまう為、室温33℃の部屋で使用するとHDDの温度は45℃にまで達します。

スリムケースはファン増設出来ない為、外から風を当てたりしなければならないのですが、HDDを冷やすには難しかったりします。
optiplex790_coolhdd1.png
という事で、使用しないDVD-ROMドライブを取り外し、HDDの上に銅(10円玉)を置いて熱を伝わりやすくします。

optiplex790_coolhdd1.png
その上にHDD冷却ファン(昔購入したものなので同じものは入手不可能)を設置します。
スリムPCはSATA電源しか無いので、ペリフェラル変換してHDD冷却ファンに使用します。



optiplex790_coolhdd1.png
最後に、スリムケースのサイドカバーを外して、代わりにノートPC用のアルミスタンド(ファン付きスタンドでも良いかもしれません)を置きます。
アルミスタンドは斜めになるように配置して、その隙間からUSBファンで送風します。
アルミスタンドに穴が空いているので、水平に置いてその上にUSBファンで送風する方法もありますが、PCのエアフローが良くないせいか、HDDの温度が下がりませんでした。
アルミスタンドを斜めに押いて、空気が良く流れるようにした方がよく冷えました。



optiplex790_coolhdd1.png
結果、
HDDは45℃→39℃ (-6℃)
ファンレスGPUは59℃→43℃ (-16℃)
CPUは54℃→43℃
になりました。
CPUは負荷状態によって数秒で温度が上下するのであまり当てになりませんが、
HDDの温度を下げる事が目的だったので目標達成出来ました♪
関連記事

格安SSD購入時の注意

emotionサイトトップ > HDD >格安SSD購入時の注意

ポイントの有効期限が近くなったので、3万時間程稼働していつお亡くなりになるか分からないノートPCのHDDでも購入しようかと思って物色していたら・・・
格安SSDなるものがありました。
某大手メーカーの1/3の価格で売られていました。
リサイクルショップの自社ブランドみたいなのですが、何故にリサイクルショップが??
某大手メーカーとリサイクルショップを比べたらフラッシュメモリの仕入れ価格は大手メーカーの方が圧倒的有利なのに、メーカーより小売業者の方が安く仕入れられるって解せない話です。

調べて見たら謎は解けました。
営業妨害になる可能性があるのでお店の名前は言えませんが、


結局これですね、廃棄品から剥ぎ取ったフラッシュメモリを使ってしているだけ。
廃棄品から剥ぎ取ったフラッシュメモリが売られているみたいですし
galaxy_flash_tenbai.jpg
https://m.hupu.com/bbs/20098811.html

あぁ・・・中国語を勉強していたお陰で書かれている簡体字がある程度読めてしまうw

フラッシュメモリは書き換え寿命があるので、廃棄品フラッシュメモリが使用されている新品SSD(中身は廃棄品フラッシュメモリ)を購入するのはオススメ出来ません。廃棄品フラッシュメモリはリリース出来ないレベルの問題のあるフラッシュメモリなので中古フラッシュメモリと同じレベルくらいの賭けになります。最悪、中古フラッシュメモリよりもヤバイ可能性もあります。
中古小売業の自社ブランド品では無く、ちゃんとメーカー品を購入しましょう
保証期間が長いのは、「トラブルがあったら交換して対応すればいいや~」という対応が取られるからでしょうね、勿論コストのかかっていない同様の新品SSD(中身は廃棄品フラッシュメモリ)と交換するだけでしょう。
いつ書き換え出来なくなるか分からないSSDなので、少なくともOSをインストールする用途には使用出来ませんね。
OSとは別でゲーム専用に使うならいいかもしれませんけど、Fallout4みたいに頻繁に読み込みが発生するようなゲームとか。

メーカー品で無いSSDは購入対象外ですけど、どれがメーカー品なのか判断出来ない人もいると思うので・・・相場価格は変動しますけど、現在の相場価格で128GBのSSDが5,000円未満で売られていたら、廃棄品フラッシュメモリの可能性が高いと思った方が良いかも?まぁ某韓国大手メーカーの相場価格を参考にして、半値以下なら危険と判断した方がいいかも?

という事で、安いHDDを購入する事にしましたw
安いと言っても2.5インチHDDは微妙に高いんですけどね・・・



関連記事

SteamサマーセールでGTA5が2,310円!

emotionサイトトップ > Steam >SteamサマーセールでGTA5が2,310円!

Steamサマーセール開始です
https://store.steampowered.com/?l=japanese
steam_180622_1.png

GTA5がついに2,310円にまで値下がりしました
steam_180622_2.png
コンシューマーで散々プレイしたのでPC版を購入する気がなかなか起きなかったのですが、
2,310円なら買ってもいいかな~?
とりあえずチャージが1900円しか残っていないので、マネーカード購入してきま~すw
関連記事

父の日プレゼントの名前入りタンブラー

emotionサイトトップ > etc >父の日プレゼントの名前入りタンブラー

父の日のプレゼントの名前入りタンブラーを注文しました。
毎日お酒を飲む父親なので、タンブラーがちょうどいいかな~と思って購入しました。
fatherdayG.jpg
3日で届きました♪
二週間待ち納期の方は1400円でしたが、父の日に間に合わないので・・・
3日で届けてくれる3000円の方を選択しました。
購入した翌日に何故か3400円に値上がりしていましたw
多分・・・父の日が近くなって注文が多くなり過ぎて調整する為に値上げしたのかも?

AmazonではなくYahooショッピングの方で購入したので、Amazonで取り扱っている物と指定できるデザインが異なりますけど、だいたい同じデザインです。

関連記事

Canon IP2700の後継機 TS203を購入

emotionサイトトップ > プリンター >Canon IP2700の後継機 TS203を購入

Canon IP2700の後継機 TS203を購入しました。
TS203.jpg
発送しましたメールを受けてから10時間くらいで届きました。
佐川急便さんでしたけど、そんなに急いでいないので郵便みたいにゆっくり届けてくれても良かったのに。
競合他社が即座に届けるから、競合他社の某黒いにゃんこさんがゆっくり届けてくれないと佐川急便さんも即座に届け続けるでしょうね。


複合機のT3130の方が安いという謎の現象が発生していますけど、
複合機は他に持っているし軽くてコンパクトで起動の速い印刷専用機を購入しました。
ちなみにIP2700は発売当時3000円未満で購入出来て、インクを購入するよりインク付属の本体を買った方が安いという不思議な現象が発生した為、ヤフオクでインク無しIP2700の新品が大量に出品されるという自体になっていました。
TS203がIP2700の2倍の価格になったのはインク代より高く設定する為でしょうね。
ちなみにTS203はIP2700より機能削減されています。
名刺サイズやA5サイズの印刷は不可能になりました。

別にIP2700が壊れたわけでは無いのですが、IP2700のインクのBC310/BC311の価格が高くなってきて、最新のTS203用のBC345/346の方がインク代が安いので新しいのに買えました。
TS203.jpg
まぁIP2700の廃タンクはちょっとヤバそうでしたけどw

このシリーズのインクジェットプリンターを購入している理由は、
TS203.jpg
ヘッドがプリンタ側では無く、インク側にヘッドついている一体型だからです。
仕事の資料をいっぱい印刷するので、このプリンタのヘッドが駄目になるまでの時間が他の人に比べてかなり速いので、
インク交換と共にヘッド交換となるタイプのプリンタがコスパが良いんですよね。

TS203.jpg
付属品はドライバCDと電源ケーブルとインク。
電源ケーブルの形状はIP2700と同じで、ドライバはネットから落とせるので使いませんw

TS203.jpg
IP2700と比べると若干小さいです。
プリンタ上部が真っ平らになっているので、上に紙を乗せ易くなりました。
あと持ち比べると分かりますが、TS203の方が非常に軽いです。
2.5kgですからね。まぁ頻繁に持ち運びするものではありませんけどw

TS203.jpg
IP2700で省かれていた印刷トレイがあります。

TS203.jpg
インク交換は前面トレイを開いて入れます、結構やり難かったです。

TS203.jpg
IP2700の時は上部がパックリ開いてましたから、インク交換自体はIP2700の方がやり易かったです。

TS203.jpg
インクの形状はBC311と似てますね。相変わらずケースが豆腐入れっぽいですw

TS203.jpg
BC311がテープ止めされているのは・・・インク注入したからですw

TS203.jpg
形状が似ているのでBC311用の固定スタンドがそのまま使えないかな~?と思ったら・・・

TS203.jpg
ピッタリ収まりましたw
BC311用の注入インクが使えそうですね。
だいたいインク注入は3回くらいしたあたりからヘッドが限界を迎えます。
まぁ本来の印刷量の4倍も使えばヘッドも駄目になります。

ちなみに社外品のリサイクルインクはオススメしません。
インクの質が悪いとかそういう事では無くて、リサイクル品はヘッドが古いからです。
ヘッドが古いリサイクル品は、直ぐにヘッドが駄目になって印刷出来なくなります。
運が悪いと買ったばかりのリサイクル品でも印刷出来ない場合があります。

純正品のインクははっきり言って高い(Canonのビジネスモデルはプリンタ本体の販売では無く、インクの販売で収益を得る為)ですが、
インクを買ったと思わず新品のヘッドを購入したと思えば安く感じます
リサイクル品はヘッドが原因で印刷出来なくなるので、直ぐに買い替えが必要になります。

ちなみにBC345/BC346はXLという大容量タイプのものがありますが、インクが大容量になってもヘッドの寿命は変わらないので、インク詰替えする人はノーマルサイズのインクで十分ですw
XLはBC310/311と値段が変わらないので、XLインクを買ったらTS203を買った意味が意味ありませんからねw



ts203_f1.png
濃度とコントラスト以外にも、インク単位での調整が可能になりました。
これ結構便利、赤と青をよく使うけど色が分かれば良い程度の印刷を大量に行うので、赤と青を特に薄くして印刷出来ますね。
あと、ヘッド移動の音がIP2700と比べると静かになりました。IP2700の時はヘッドがガッチャンガッチャン音を鳴らしていましたが、そのヘッドのガチャガチャ音が減少しました。
あと本体が軽すぎるせいか印刷スライドトレイを調整しようとした時に本体が動いてしまいましたw
底面に滑り止めのゴムが無いみたいですね。



関連記事
スポンサーリンク
おススメ

ローエンドGPUですが4K対応です。 ロープロ対応でTDP30Wなので電源容量の少ないスリムPC向けです。GTX750Tiの新品が入手困難になっているので、ロープロ対応でGTX750Tiに近い性能が必要な人はGT1030がお勧めです。

GTX750Tiでは物足りなくなったけど消費電力を上げたくない場合は、GTX1050Tiがオススメです(TDP:75W)。数値上のスペックが2倍なので体感速度は良くても1.5倍程度だと思います。GTX750Tiの在庫が減少した為か、750Tiの価格が上昇しているので1050Tiの方が安く買えます。


GTX1050です。1050Tiより若干安めでメモリも半分の2GBです。消費電力は1050Tiと同じですが、1050Tiの方が若干性能が高いです。

UE4エディターを使うなら消費電力の小さいGTX750Tiがオススメです(TDP:75W)。
ASUSだとインターフェースが4つあります。


コスパ重視なら玄人志向のGTX750Tiもありますが、ロープロ対応なので冷却ファンが小さく消費電力も少なめ(TDP:60W)です。


UE4とゲーム開発の勉強に最適です。本書とは別にPDFファイルと動画での解説があります。 バンダイナムコ社の方々がゲーム制作現場のノウハウを交えながらの解説されている為読み応えがありますし、内容も非常に分かりやすいです。唯一残念なのは、索引が無い事です。


UE4を全体的に触りだけ紹介されています。ブループリントはレベルブループリントでの解説だけの為、実際のゲーム開発現場での効率性等は一切無視された内容です。 恐らくクラスブループリントの紹介は続編で紹介していると思います。 上記のバンダイナムコ社の方々が作成した書籍の方が内容が何倍も濃く、実践向けの内容です。


動画編集・エフェクト追加に最適なソフトウェア
このCS6は全面クラウド化される前のパッケージなので、月額使用料は発生しません。

Production Premiumに含まれる単体製品
・Photoshop CS6 Extended
・Illustrator CS6
・Flash Professional CS6
・Premiere Pro CS6
・After Effects CS6
・Audition CS6
・SpeedGrade CS6
・Prelude CS6
・Encore CS6
Amazonで何度か商品閲覧していると割引クーポンがメールで送られて来ます



バージョンによって対応するGPUが異なるので
Adobe 必要システム構成で確認した方がいいです。CS6でQuadroではなくGeforceを使用する場合、対応するGPUは限られます(裏ワザで対応していないGPUを認識させる事は出来ますがおススメしません)。大人しくQuadroを購入した方が無難ですw

Quadroの性能比較は
nvidiaのサイトで確認出来ます。
ムービー制作の強力なツール
AfterEffectsの勉強にどうぞ。

タイムラインがキーフレームで埋め尽くされている人はエクスプレッションで作業効率UPしましょう。

無料の高性能3DCGツールのマニュアル。少し古いバーション用マニュアルなので最新版と差異が多少ありますが、基本的な操作は殆ど変わってないので、古いVerのマニュアルでも大丈夫です。
リンク
Unreal Engine
UE4_logo.png

無料化したゲームエンジンです。ミドルレンジクラスのGPUが必須ですが、GTX750Tiでも軽快に動作します。
ueHow
Blender
blenderlogo.png

無料の3DCGツールです。他3DCGツールに使い慣れていると初めは操作性に苦戦しませすが、すぐに慣れます。無料でありながら高性能なので個人レベルで使用するならこれで十分です。
80Level
ゲーム制作の役に立つHow toが掲載されています。
THIEF TheGraceProject
title_blog.jpg

Thiefシリーズ日本語攻略サイト
AEP PROJECT
AEP.png

AfterEffectsUsersCommunity。色々と勉強になります。

BakaAfter
BA.png

神の領域に達した人がAdobeAfterEffectsを使うとこうなりますw

Animeの道具箱
datool.png
AfterEffectsのエクスプレッションやスクリプトについて非常に分かり易くまとめられています。

MMD配布サイト
VPVP.jpg

カメラ情報をAfterEffectsへ書き出すスクリプトや、Kinectと連携出来たりして何気に高機能なフリーソフトです。

Steam
steam.png
Valve Corporationが運営しているプラットフォームで、PCゲームをダウンロード購入出来ます。 不定期ながらだいたい四半期毎と10月の米国感謝祭と年末に大幅割引セールが行われるので、セール中に購入するのがおススメ。
カテゴリ
OS (5)
Adobe (8)
Web (5)
CPU (4)
GPU (9)
HDD (11)
GA2 (2)
PS3 (11)
GTA5 (15)
検索フォーム
最新記事
RSSリンクの表示